fc2ブログ

ヴィンテージシューズ、古着、本を紹介するブログです。

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!
ヴィンテージグッズ好きアラフィフが、モノと本を紹介するブログです。

0 コメント

●村上龍とお買い物

このブログとしては、かなり変化球ですが、今日は30年来のファンの村上龍さんの本、『案外、買い物好き』(幻冬舎文庫 2010/8/5)を紹介します。
村上龍1


 村上龍さんを紹介するなら、代表作『コインロッカーベイビーズ』(講談社)、『半島を出でよ』(幻冬舎)などからあげるべきなのですが、ある意味、くだらなくて面白い(すみません…)ので何度も読んでいる。

 あの中田英寿さんが、フランスワールドカップの後ペルージャにいくことになり、友人である龍さんもイタリアに通うことになったそう。
 そのなかでミラノの街では、男たちはみな、青いシャツをきていることにきがついた。シャツの美しさに気付いたのだ。そして、シャツを基本にかんがえることでファッションの基礎ができたそう。そしてローマとパリとミラノでお気に入りの店ができた。
 ローマでは、スペイン広場近くのなじみの店で買うとのこと。この店、ブランドショップではないらしい。担当スタイリストも知らないらしい。値段も1万5000円程度とのことなので、ルイジボレッリでも、ブリオーニでもフィナモレでもないなだろう。一度行って確かめてみたい。
 イタリアは、服飾の国なので、イタリア人の妻になるとアイロンがけがたいへんらしい。でもイタリア人のファッションの基本はシャツなのが、本当かは不明。イタリアは、パンツもジャケットも靴もわるくない。
 龍さんは、じつは、なんとなく僕の父親に顔がにている。なので親近感がある。でも、小柄で短足らしい。ぼくは、大柄なので、服は龍さんよりは似合うだろうが、労働者体型なので、モード系はあわない。
 おもしろいのは、いつも、同行者に、「そんなにシャツを買ってどうするんですか?」と言われることらしい。ミラノのモンテナポレオーネでは、35分間で13枚のシャツを買った。「もちろん着るんだ」と答えるらしい。ワイド、セミワイド、ボタンダウン、ストライプなどなどネクタイとの組み合わせを考えて買う(500枚はあるだろうとのこと)。ネクタイは、エトロが好きらしい。エトロといえば、ペイズリー。やはり、かなり、大胆な柄。
 経済番組『カンブリア宮殿』に自前のシャツやタイで出演するエピソードも。一時期この番組をかなり、みていたが、ファッションは記憶にない(笑)。本当にオシャレなひとは、着飾っていることを感じさせないらしいが、龍さんもその領域に達しているのだろうか?
ストイックではないが、本能的な文体の作家の洋服観がみられて、面白い本である。龍さんのファンでないとつたわらないかな。
 最後にこちらもあげておきます。ぜひ、2冊まとめてどうぞ。
 『おしゃれと無縁に生きる』(幻冬舎 2015/8/6)
村上龍2
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント