fc2ブログ

ヴィンテージシューズ、古着、本を紹介するブログです。

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!
ヴィンテージグッズ好きアラフィフが、モノと本を紹介するブログです。

4 コメント

●USMC(United Shoe Mchinery Corporation)の冊子を買ってみました



こんにちは。
マサチューセッツ州の靴の歴史を調べていますと、たどり着く会社があります。
USMC(United Shoe Mchinery Corporation)。USMCというと、海兵隊(U.S.Marine Corps)が有名ですが、靴好きがUSMCといえば、こちらですね(^_^)。
ネットで調べてみる限り、USMCは、今ではばりばりの軍需産業ですね。同社は、アメリカ版ウィキペディアによりますと、1899 年に業界内の 3 つの靴機械会社の統合によって設立されました。3つとは、Goodyear Shoe Machinery Company; Consolidated McKay Lasting Machine Company; and McKay Shoe Machinery Companyとありますから、靴製造機械の大手ですね。ボストンに本社を置き、マサチューセッツ州ビバリーに工場がありました。靴メーカーに機械をレンタルしていたようです。
1908年(明治41)に日本で初めて、陸軍被服廠がグッドイヤー製法の機械を輸入します。その後1922年(大正11)に、大塚製靴など各社がUSMCから機械を輸入したのが知られています。日本とも縁のある会社ですね(以前書いた●天皇の靴、大塚製靴の歴史ーーその2でふれています)。
最盛期には、この会社は 9,000 人の従業員を雇用し、米国のすべての製靴機械の 85% を生産していました。靴だけでなく、途中からは、戦車なども製造していて、軍事産業としても有名です。

今回入手したのは、おそらく靴メーカー向けに配っていたと思われる冊子で、「ピルグリム・カレンダー 1921年用」と書かれています。
最初にアメリカに植民してきたピルグリムファーザーズは、1622年にアメリカのプリマスに到着します。USMCのような大きな企業にとって、アメリカ建国の先祖を紹介したカレンダーを配ることは意味があったのでしょう。


202210画像027■

表紙。


202210画像030■

ピルグリムファーザーズの道のり。ピルグリムファーザーズは、イングランド北部からオランダに渡り、再びロンドンに戻ります。その後メイフラワー号に乗ってサウサンプトン→ダートマス→(イギリスの)プリマスをへて、アメリカのニューイングランドに到達します。


202210画像031■

プリマスロック。上陸したさい最初に踏んだとされる石。


202210画像032■

メイフラワー号の乗客。104名の最初にあるジョン・オールデン(John Alden)という名前が気になりますね。


202210画像033■

メイフラワー号


202210画像034■

最初の乗客の一人、ウィリアム・ブリュースターの家・スクルービー マナー ハウス


202210画像035■

ナショナル・モニュメント・トゥ・ザ・フォアファーザーズ


202210画像037■

プリマスコロニーの指導者、ブラッドフォードの家


202210画像038■

1622年のプリマス

先週は、リン(Lynn)について紹介しましたが、今週はマサチューセッツのUSMCの冊子についてふれました。
もう少しマサチューセッツの靴産業の歴史がわかれば面白いなあと思っています。機会があればまた記事にしてみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

カッタウェイ 2022/10/29 22:50  編集 URL

海兵隊だと

タイトルを見た瞬間、完全に海兵隊だと思い込んでしまいました。

思えば米国靴の歴史について、ほとんど知らないまま靴好き人生を過ごしてきたので、このブログはとても勉強になります。今後も期待しています。
しんのすけ 2022/10/29 23:16  編集 URL

模範解答です(笑)

  カッタウェイさん

お疲れ様です。いつも読んでいただき、ありがとうございます。
いえ、カッタウェイさんが靴マニアだから響くのであって、恐らく興味ないと、なんのことやらわからないです(笑)。
LEVISは、カリフォルニアじゃないですか、労働着は、西から発展してるかもですね……。
いつがアメリカ行かないといかんですね。
ばし 2022/10/30 08:14  編集 URL

曜日の巡りが今年と同じ!

お疲れ様です。

面白い貴重そうな冊子を入手されましたね。1月の上陸して最初に踏んだ石って・・・、月の石みたい、少し大げさなようですがとても思い白いです。5月1日が月曜日なのは今年2022年と同じですね。残り2ヶ月限定ですが、実用的でもありそうです笑。ところで、デビッドさんのブランド一覧に記載のある「Plymouth Shoe Co – Middleborough Mass. Closed in 1970」のプリマスシューズは今回のUSMCとその歴や資本関係で何か接点あるのでしょうか?Plymouth製と思しきペア(http://shoes-freek2freek.com/lyttons/)を1足持ってるのですが詳細不明でして、歴史を紐解くうえで大変興味あるところです。ではでは。
しんのすけ 2022/10/30 14:25  編集 URL

Re: 曜日の巡りが今年と同じ!

  
 ばしさん

> 面白い貴重そうな冊子を入手されましたね。1月の上陸して最初に踏んだ石って・・・、月の石みたい、少し大げさなようですがとても思い白いです。5月1日が月曜日なのは今年2022年と同じですね。
 
おお、ホントですね。面白い! プリマスロックは、今は海岸にあるようですが、18世紀に一度陸に引き上げられて、また戻されているという(笑)、なかなか興味深いです。アメリカ建国のシンボルですね。

ところで、デビッドさんのブランド一覧に記載のある「Plymouth Shoe Co – Middleborough Mass. Closed in 1970」のプリマスシューズは今回のUSMCとその歴や資本関係で何か接点あるのでしょうか?Plymouth製と思しきペア(http://shoes-freek2freek.com/lyttons/)を1足持ってるのですが詳細不明でして、歴史を紐解くうえで大変興味あるところです。

なるほど、plymouth shoesがSUPER8shoesさんで、売られてるんですね。なかなか、クラシックスタイルでいい靴ですね。
手元に『shoes and leather encyclopedia』(1901 )という本があるのですが、こちらには、plymouth B.&s. company という会社があってミドルボロではなくプリマスにあったようです。もしかしたら、移ってるかもですね。
USMCとどういう関係かはわかりませんが、マサチューセッツに色々な靴関係の会社があったのでしょう。個人的には、フローシャイムは繊細で、オールデンは無骨だなあと感じてますが、マサチューセッツとシカゴで、靴の特徴があれば面白いと思います。そして、ばしさんとご縁のあるカナダとか……。アメリカは、やっぱり広いので面白いですよね。
ではでは引き続き。
非公開コメント