fc2ブログ

ヴィンテージシューズ、古着、本を紹介するブログです。

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!
ヴィンテージグッズ好きアラフィフが、モノと本を紹介するブログです。

2 コメント

●ファースト・ケンムーアを探して looking for first florsheim Kenmoor



こんにちは。
数年前から、ワタシの最大の目標としていること。フローシャイムのケンムーアの起源を調べることです。


■1956年【FLORSHEIM】KENMOOR S1590真ん中と右下

50年代後半から、広告では出現するのですが、なぜかKenmoorケンムーアは、「これは雨に強い商品です」とか「アメリカンブローグで最高のクオリティです」とかいった、説明がないんですね。
上は、ガレージセールさんがアップされていた、1956年の広告。
左と右下がケンムーアなのですが、ロングウィングではありません。かなり広いタイプの靴につけられているんですね。
なので、V-Cleatさんは、「ケンムーアはラスト名なのでは?」とおっしゃっています。

そこで、暇を見ては「Kenmoor Shoes」をググってきたのですが、あることに気が付きました。検索結果に、「Florsheim Kenmoor」と「KENMORE SHOES」が出てくるんです。
あれ、ちょっとスペルが違う…。
でも、語源は同じじゃないの? と思い、それそれ、Googleマップで検索してみました。
・Kenmoor
ノース・カロライナ州 スチュワーツビル

と一カ所しか出てきません。これに対し、

・Kenmore
○アメリカ合衆国
・ノース・カロライナ州 ローリー
・ニューヨーク州
・オハイオ州 アクロン
・ワシントン州
・バージニア州 ドレーンズビル
○カナダ
・オンタリオ オタワ
○スコットランド
・スコットランドのハイランド地方

と10以上出てくるではありませんか…。しかも、スコットランドのケンムーアは、古い教会があったりと由緒ある土地のよう。
よく「NYのハーレムはオランダ語。オランダ移民が付けた」などと言います。移民の国だけあって、故郷の土地の名前を移り住んだ土地に付けたんですね。
ここからは推測が入りますが、Kenmoorは、スコットランドのKenmoreが転訛した地名じゃないかな…と。そこで、検索エンジンで「Kenmore shoes」で検索しますと新聞広告が結構出てくるんです。
以下列記していきます。


①1909★WMHAHNCO10 (2)

① 1909年、WM.HAHN&CO この会社ペンシルベニア州にあったようです。以下続きます(出典はすべて、ペンシルベニア州ワシントンの『Evening Star』という新聞。この地域で市場を持っていたのでしょう)

②1909★WMHAHNCO9


② 1909年、WM.HAHN&CO

③1909★WMHAHNCO8

③ 1909年、WM.HAHN&CO

④1909★WMHAHNCO5

④ 1909年、WM.HAHN&CO

⑤1909★WMHAHNCO4
⑤1909★WMHAHNCO3

⑤ 1909年、WM.HAHN&CO

⑥1909★WMHAHNCO1
⑥1909★WMHAHNCO2

⑥ 1909年、WM.HAHN&CO

⑦1909★Hahns3busystore41

⑦ 1909年Hahns 3 busy store 直営店なのでしょうか。1909年に直営店は早いかもしれません。

■1920ボストニアンケンムーア
■1920ケンムーアボストニアン2

⑧ 1920年、なんとボストニアンにケンムーアというモデルがあります。ケンムーアが4つのうちのどれかはわからないのですが、ブローグシューズということはわかります。

確認できるファースト・ケンムーアは、WM.HAHN&CO製! この会社、広告を見ている限り様々なモデルを展開していて、それなりに規模が大きいメーカーのようです。

モデル名で確認できるのは1909年。そのあと、ボストニアンがモデル名として採用しているのですから、靴に関わる名称になるくらい知られている地名なのでしょう。


もうすこし、Kenmoreで検索してみましょう。
1891年の『Annual Report』という本に、「Kenmore Shoe Company 」
という記述が出てきます。この会社も、ペンシルベニア州williamsport。


■1891SnapCrab

1919年には『The Shoe and Leather Reporter Annual』 には、
Kenmore Shoe Shopが、あったようです。場所不明。

そして、現在も、KENMORE SHOES PRIVATE LIMITEDという会社があるようです。2001年設立のようなのですが、なぜかインドのバンガロール所在(笑)。

というわけで、なかなかフローシャイムの「Kenmooor」の源流を直接見つけることはできなかったのですが、「Kenmore」は、ペンシルベニアを中心に靴メーカーもあれば、モデル名にもなっていることがわかりました。そこそこ、靴に縁のある名前のようですね。

「どういう経緯で、フローシャイムがケンムーアとモデル名をつけたのか」、類推までできませんね。時間があったらもう少し深掘りしてみたいです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

カッタウェイ 2021/02/14 21:29  編集 URL

ケンムーアとは何か??

大変興味深いテーマです。

米国靴にはまるで詳しくないのですが。90年代終わりに投げ売りで買ったコードバンのUチップとロングウイング、そういえばどっちも「ケンムーア」というモデル名だったような気がします。

インペリアルシリーズの中に、ケンムーアがあって、しかもデザインがいくつもある??

よく分からないな・・と思っておりました。ラスト名かもしれない、という説も大変気になります。

ヴィンテージを蒐集するだけでなく、こうして分析したり、仮説をたてたりするのは素晴らしいですね。
しんのすけ 2021/02/15 07:40  編集 URL

コメントありがとうございます

カッタウェイさん

お疲れ様です。アメリカの靴産業、日本のREGALや大塚製靴のように社史を残していないんですよね。

僕は、ビン靴ブログの先輩たちの成果を引き継いでいるわけですが、ゆっくり調べたいなと思います。広告みてますと、会社が火事に遭ってるようにも思え面白い(笑)。
スコットランド由来のパンチドキャップとか、ブローグだと面白いんですが、これだけの材料だとわかりません。

引き続き調べていきたいと思います。
非公開コメント