fc2ブログ

ヴィンテージシューズ、古着、本を紹介するブログです。

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!
ヴィンテージグッズ好きアラフィフが、モノと本を紹介するブログです。

2 コメント

●MARUZEN丸善 ストレートチップ ハンドメイド



こんにちは。

以前から三交製靴を探しているのですが、なかなか入手できず。
そんなとき、某日本靴マスターから譲っていただいたのがこの丸善のペア。

IMG_0650.jpg

実は、あこがれの矢筈仕上げ+ハンドメイドという、日本の伝統靴です。丁寧なステッチとハンドメイドの柔らかさが特徴ですね。「昔の日本靴はすごかったなあ」と改めて感じさせてくれます。

IMG_0653.jpg

斜め前から。美しいシルエットですね。くわっ!格好いい。

IMG_0642.jpg

まずは、インソックのロゴ。古いタイプのようです。

IMG_0639.jpg

内部。ハンドメイドですね。丸善さんが、発注していてハンドメイド。
三交製靴発注のラギッドシューズやマナスルシューズが人気が出る前の時代だとすると、60~70年代かもしれませんね。ハンドメイド靴がまだまだ街に出回っていた時代。

IMG_0654.jpg

横から。実は、先日の大塚製靴製にちょっと雰囲気が似ているんですよね。

IMG_0656.jpg

後ろからドッグテイル。ヒールやや高め。

IMG_0660.jpg

出し縫いは、丁寧。クリームだけで光ってくれました。

IMG_0663.jpg

さっき、大塚製靴の話を出しましたが、アッパー上部がこれまた、柔らかいカーフなんですよね……。

IMG_0664.jpg

ソールは、矢筈仕上げ。明治時代に武士をルーツに持つ職人が、矢の弦にかける「矢筈」の三角形にちなんで仕上げたとされています。初めて入手しました。嬉しいです!

IMG_0666.jpg

ソールは、ヒドゥン仕上げ。

IMG_0668.jpg

ウエスト部分の仕上げが特徴的。山型に刻印があるんですよね。
丸善さんと関係の深い、三交製靴さんもドレスシューズを作っていた時代があったそうです。(おふぃすかぶ.jpさんのHPを引用させていただきました)



丸善さんは、老舗中の老舗ですので、メーカーさんを特定するのは、難しいですね。
発注元の権限が強くて、メーカーさんの痕跡が残りにくいと思います。
どなたか、情報ございましたらお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なおけんた 2019/06/23 18:29  編集 URL

No title

良い靴ですね。
ウエストの絞りが強いのはやはり手作りだからでしょうね。
機械での吊り込みが難しい木型だったでしょうし。
昔の日本靴はこういうのがゴロゴロあったんでしょうね。
丸善がどこの靴屋に発注していたか分かると面白いでしょうね。
三交製靴のような小規模な工房が丸善の下請けをしていたのならば、他にも小さな(しかも消えていった)工房があったと考えた方が自然かもしれませんね。
しんのすけ 2019/06/23 19:48  編集 URL

渡り職人?

なおけんたさん

お疲れ様です。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、大塚製靴さんのように必ずしも、大きなメーカーじゃない可能性もあります。
関信義さんは、三越の仕事していたとのことですし…。信頼できる渡り職人さんの可能性もありますよね。

ただ、ソール裏の山形は見たことがあって、ちょっと、調べてみたいですね。小笠原シューズさんとかの可能性もあるかもですね。
いま、ビスポークしますと確実に10万円オーバーですので、20代のころに作っておけば良かったな、と思ったりしますね。

ではでは、失礼します。
非公開コメント