FC2ブログ

記事一覧

●銀座ヨシノヤ スウェードシューズを「染めQ」で染め変え!?



こんにちは。

最近は、日本靴を買いたいと思ってますが、僕のサイズは27.5センチ。
なかなか良いものに巡り会えません。

そこで、以前友人に紹介していただいた、名店・銀座ヨシノヤさんのスウェードローファーをヤフオクで購入。高級ブランドですが、なぜかの2700円(!)でしたので、ポイントだけで無事落札。ヒール部分が汚れているせいでしょうか…。

i-img1024x768-15294059714kmakx5340.jpg
i-img1024x768-1529405971qwkw0s5340.jpg


汚れ以外は数回履きのほぼミント。
i-img1024x768-1529405971eeofnl5340.jpg

ヨシノヤさんだけにただのローファーではない。水が入りにくいステッチダウン製法。クラークスのデザートブーツで使われている製法です。

銀座ヨシノヤさんといえば、ハンドメイドラインは、シナンドブランドも展開されている、小笠原シューズさんが作っています。(説明は銀座本店の宮崎さんのブログがわかりやすいです)
シナンドσυναντω  銀座ヨシノヤ銀座六丁目本店ブログ
簡易履きのローファーではありますが、定価1万円以上はしますね……。

元のオーナーさんが手放されたように、ベージュは汚れやすい。
では、染め変えてみよう! と先週、新宿のハンズで買ったのが、「染めQ」のネービーブルーです。色は30色以上あって悩みましたが、淡い色はなかなか革に定着しないだろうと、安全パイを選択。

IMG_9843.jpg

染料を定着させるには油分が大敵。エマールで丁寧に洗いました。
ヒールの汚れもバッチリ落ちています。

IMG_9840.jpg

マスキングテープで、ソールやパイピングなどを覆っていきます。

IMG_9845.jpg

さすがに家の中では出来ないので(笑)、玄関前に新聞紙を引いてごそごそ。
10~15センチ離して、噴射開始。

IMG_9847.jpg

染料は濃いのですが、スエードだけに吸い込んでいく模様。

IMG_9846.jpg

製品の説明文にあるように、数回に分けて塗っていきます。

IMG_9849.jpg

そして、出来上がったのがこちら(↓)。
画像だと、フラッシュの関係でやや白く見えますね(笑)。ただ、塗りすぎてやや、
染料が垂れてきてましたので、これ以上塗ってもキビシイかと。

IMG_9850.jpg
IMG_9852.jpg
IMG_9853.jpg
IMG_9854.jpg


やや染ムラらしきものも見えますが、まずまずの出来栄え!
本格染料を使ったみなさんと比べると、かなり邪道ですが、マンション暮らしの私には
このあたりが限界かな(笑)。

今年は、靴だけでなく、革について勉強しようと思っております。
スポンサーサイト

コメント

No title

いい感じに染まっていると思いますね。
普通の染料使ってもこんな感じになると思いますよ。
このローファーかなり気軽に履けそうなデザインですし、
これ一足欲しいですw

これからですね

コメントありがとうございます。

あのあと、履いてショッピングモールに行ったんですけど、履きじわが、なんとなく色落ちしてます(笑)。これから、エイジングというか、色落ちしていくと思います。

染めQは、これくらいが限界かと。
ヨシノヤは、ちょっと丸っこいですけど良い靴です。日本の伝統靴ですね。

No title

こんばんは。
リメイク、って、エコな上にいいモノが新たな命を吹き込まれて蘇るし、何よりやってて楽しい。
紺と茶の仕上がりの色目も素敵ですが、前段のエマール、こんなにきれいにシミが落ちるんですね!?
参考にさせて頂きます。

エマールオススメです

ばしさん

お疲れ様です。
靴の水洗いは、モゥブレイのソープがありますが、少し刺激が強いと、『最高級靴読本』に書いてありました…。エマールは中性なんですよね。

いわゆるバケツドボンは、クラックが入った時なんどかやりましたけど、やっぱりそのあと、別の箇所に入りました(笑)。
クラックは多分、汗とか汚れだけが、原因じゃないんですよね。レッドウイングとか、ぼろぼろですけど、全然入りませんし…。

大事にしてるペアほど入るという(笑)。
なかなか、難しいですねー。

No title

お疲れ様です。
やってしまったら後戻りできない、不可逆的なところもビン靴メンテの悪しき魅力、なのでしょうかね?
大事なやつにほどそんな機会が巡ってくる・・・。
靴に限らず、道を究めようとすると、ちょっぴりマゾヒスティックになってしまいがち、なのかもしれませんね笑。

No title

染めQですか。
しんのすけさんの実験的記事のお陰で勉強になりました。
歳を重ねると保守的になって、新しいこと、未知の分野へのチャレンジに尻込みするんですが、こういう成功例を見せていただくと勇気が出ます。
シワの部分は擦れてしまうので、表面的な塗装はどうしても色落ちしますね。難しいところです。

No title

ばしさん

お疲れ様です。

おお、ばしさんも、だいぶ深みにはまってますね(笑)。

>やってしまったら後戻りできない、不可逆的なとこ>ろもビン靴メンテの悪しき魅力、なのでしょうか
>ね?
>大事なやつにほどそんな機会が巡ってくる・・・。
>靴に限らず、道を究めようとすると、ちょっぴりマ
>ゾヒスティックになってしまいがち、なのかもしれ
>ませんね笑。

マニアの最後は、おっしゃるとおり、マゾ的な要素が出てきますよね(笑)。
駄目なペアほど可愛く見えたり。ちなみに、僕の一番のお気に入りは、オールデンのコードバンサドルシューズというボロなペアです。

http://shinnosukejedi.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

磨くと光るんですが、すぐにくすみます…。


本当は……

なおけんたさん

お疲れ様です。いえいえ、こちらこそいつも、なおけんたさんには、メンテ・リペア関係で、学ばせていただいております。

>染めQですか。
>しんのすけさんの実験的記事のお陰で勉強にな>りました。
>歳を重ねると保守的になって、新しいこと、未知
>の分野へのチャレンジに尻込みするんですが、こ>ういう成功例を見せていただくと勇気が出ます。

染めQは、おそらく補色を想定して作られているような気がします(苦笑)。科学染料はやっぱり、繊維のうえで固まってるような感じ。
ですので、本当は、時間がかかってもよいので、ベジタブルタンニンで染めたいですよね。←どれだけ大変かわかってませんね…。

今年は、革について勉強しようかと思っております。ではでは失礼します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!
ヴィンテージグッズ好きアラフィフが、モノと本を紹介するブログです。