FC2ブログ

記事一覧

●加賀まりこ主演『月曜日のユカ』

前回からの続き、60年代、六本木キャンティのおはなしです。 60年代、彼女・彼らのクリエイティブとはどのようなものだったのだろうか? いつもそんなことを考えます。戦争時代の抑圧から解放され、「自由に生きたいという渇望が前面に出された」とも思いますが、まだまだ経済的には貧しい時代。先日のNHK朝ドラ『ひよっこ』を見ていた方はわかると思いますが、農村から集団就職する若者たちは社会に対する知識もなかったし、目...

続きを読む

●「キャンティ」に行かなくちゃ

 前回からの続き、60年代は六本木キャンティのおはなしです。基本書は、野地鉄嘉『キャンティ物語』(幻冬舎文庫、1997)です。ウィキペディアに馴染客のリストがありましたので、一番下に載せておきました。 キャンティは、1960年代にフランスのカフェサロンのようにアーティスト達が集った店。元祖キャンティ族といえば、加賀まりこさん、作詞家の安井かずみさん。若い才能が、安部公房、川端康成、三島由紀夫らの文豪たちとど...

続きを読む

●文京区のヴィンテージマンション、川口アパート

今年、6月に青柳光則さんのトークショーに出かけ、柴田良三さんから、60年代に六本木キャンティに集ったアーティスト達のおはなしをうかがい、ちょいちょい調べています。 http://shinnosukejedi.blog.fc2.com/blog-entry-49.htmlまだご存命であるのは、あの元祖和製ブリジット・バルドーと言われた加賀まりこさんです。加賀さんは、父上がテレビ業界の方で、自然と業界人が集まるキャンティに通うようになる。それから、作詞家の...

続きを読む

●L.L.Beanのアイアンワークスパンツ

 2005年くらいだと思う。このカタディン・アイアン・ワークスパンツが家に届いたのは。当時8000円くらいだったが、おそらくダック地のこのパンツ、20オンスくらいの厚さがあって、こちこちなのだった。洗濯すると立つくらいの感じ。普通のデニムは13オンス程度なので、かなり重いのがわかってもらえるだろう。(ちなみに今は1万1000円になっている。) でも太り気味で股ズレ歴40年の私はかえって、このあまりにもヘビーな感じが...

続きを読む

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!