FC2ブログ

記事一覧

●バスの靴カタログ 1910-1950(Bass shoes catalog 1910-1950)

こんにちは。昨日東京は雪が降ったようですが、本日の埼玉は晴れ。本当はジムにでも行って体力作りをすべきなのでしょうが、メンタルがついていきません(笑)。寒いので、家におります。靴のカタログをちょくちょくチェックしています。バスのカタログが、最近ebayに流れてますので、まとめてアップしておきます。ただ、高額のものも多いので、買わずに画像だけ集めました(笑)。バスは、ウィージュンズWeejunsで有名ですが、創業は1...

続きを読む

●フローシャイム カタログ 1928年(florsheim catalog 1920s)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。某アパレル会社社長が、景気よくお年玉をふるまっているようですが、私もあやかって?昨年入手したフローシャイムのカタログを公開します。このカタログは、NYの靴店で配られたもののようで、3ページ目に1928年とあります。白ページもふくめ、合計20ページですね。もうすこし、公開せずにおいて筆記体をゲットしたかったのですが、断念(笑)。いままで、Ironさん、...

続きを読む

●『Popeye(ポパイ)』の創刊号-----日本のカタログ雑誌の誕生

こんにちは。前回紹介した、アメリカで『The Last Whole Earth Catalogue(ホールアースカタログ)』が席巻していたころ、日本でも、若者たちが新しい雑誌を求めていました。『Popeye(ポパイ)』(上記は2016年に付録として発売されたものです)が1976年に生まれるまでには、実は前史があります。現在の出版社、マガジンハウスの前身は平凡出版という社名。のちに編集長となる、木滑(きなめり)良久とその右腕の石川次郎は、女性...

続きを読む

●『The Last Whole Earth Catalogue(ホールアースカタログ)』-----カタログ雑誌の誕生

こんにちは。ファッション雑誌、なかなか買わなくなりましたよね。というのは、まず、内容が面白くない。新しい情報がのってない。HPやブログはタダだけど、雑誌はお金がかかる。などなど、様々な理由があると思いますが、僕自身は、90年代~2000年代まで、『MEN’S CLUB』や『Free&Easy』など、たくさんお世話になったので、雑誌の歴史をふりかえってみたいと思います。今、メンズファッションの売り上げだと『Popeye』(...

続きを読む

●サイン本の世界

こんにちは。先週に引き続き、読書の秋企画です。といっても、今回は本そのものではなく、サイン本について。僕は、予算の関係で、アマゾンで古本を入手することが多いのですが、たまに、本の扉や見返しにサインが入っているものがあるんです。多くは、書店がキャンペーンで、著者の講演会を行って、買うとサインがもらえるというパターンです。それが古書市場に流れるんでしょう。まずは、アランフラッサー『Clothes and the Man...

続きを読む

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!