FC2ブログ

記事一覧

●The Harvey ドレスブーツ DOVER

こんにちは。ようやく、秋の気配がしてきました。手持ちのブーツ君たちも外に出たいと言いだす季節ですね。どうせなら、今年は、ビジネスでもいける日本製のブーツを履き倒したい! というわけで上野のフットモンキーさんで一目ぼれして買ったのがコレ。浅草にファクトリーがあるとお聞きしたThe Harvey のキャップトゥブーツです。実店舗で靴を買う……、この当たり前のことをここ6年くらいしていなかったのですが、買ってしまいま...

続きを読む

●OUTDOORSMAN プレーントゥブーツ 70S

こんにちは。暖冬かと思いきや、1月はさすがに冷えますね。というわけで、去年の12月にヤフオクで買ったOUTDOORSMANのプレーントゥブーツを紹介します。このブーツ、社名の通り元々はワークブーツとして作られていると思いますが、色もデザインもおとなしめ。スーツパンツの下からだと、普通のプレーントゥに見える!(この着こなしは神田大喜靴店のマスターの説です。)なので、週に3回仕事で履くときもある、今年のヘビロテ靴...

続きを読む

●U.S.N. サービスブーツ40S Hanover製

こんにちは。年末の忘年会シーズンですので、仕事がらみで宴会で飲んだり食べたり。お財布も厳しいのに、衝動買いしてしまったのが、このペア。(かなり財政的にはやばい。)U.S.ネイビーのブーツ、デッドストックです。タイプⅢと呼ばれているもので、あのスティーブ・マックイーンが、映画「大脱走」で履いていたモデルですね。原宿の某有名古着屋にふらっと入りましたところ、実は同様なデッドが3ペアある! 70年前のデッドが...

続きを読む

●アノマロカリス(似)フローシャイム・ブーツ-(その2)

先日紹介したスニゲーターさん命名の、アノマロカリス似のペアの続きです。一般的には、エドワーディアン・ブーツ、アンクル・ブーツと呼ばれているようなのですが、あのアノマロカリスは一体何なんだろう、と少し調べてみました。エドワーディアンというのは、エドワード7世の時代(1901~10年)に流行したスタイルで、「ベル・エポック」やアメリカの「ギブソンガール」の時代に相当するらしいです。これだけ、次々、知らない単...

続きを読む

●到着。アノマロカリス(似)フローシャイム・ブーツ-(その1)。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。早速ですが、12月中旬に落札したスニゲーターさん命名の、アノマロカリス似のペアが届きましたので、アップします。届いたときは、ペアのなかにかなり古い紙が詰めてあったので、やはりセラーさんのショップかご自宅で長期間保管されていたのだと思います。トゥはきれいなのですが、それ以外の下部にはクラックがかなり入っています。かなり乾燥しているので、いつも...

続きを読む

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!
ヴィンテージグッズ好きアラフィフが、モノと本を紹介するブログです。