FC2ブログ

記事一覧

●六本木キャンティでランチを。

前回からの続き、60年代の文化発信の地、六本木キャンティに行ってきました。 老舗のイタリアレストランだけあって、土日は混んでるのだろうと思い、月曜日のランチをねらって行きました。 入ってみると、お菓子の販売コーナーが。あれっと思いつつ、店員さんに「ランチやってますか?」とたずねると、「奥へどうぞ」と通してくれました。 1・2階と地下があって、1階は常連さんばかりで予約が取れない(60年代の話……)と聞いて...

続きを読む

●文京区のヴィンテージマンション、川口アパート

今年、6月に青柳光則さんのトークショーに出かけ、柴田良三さんから、60年代に六本木キャンティに集ったアーティスト達のおはなしをうかがい、ちょいちょい調べています。 http://shinnosukejedi.blog.fc2.com/blog-entry-49.htmlまだご存命であるのは、あの元祖和製ブリジット・バルドーと言われた加賀まりこさんです。加賀さんは、父上がテレビ業界の方で、自然と業界人が集まるキャンティに通うようになる。それから、作詞家の...

続きを読む

つながった! ヴィヴィアンウェストウッドと藤原ヒロシ

上野で行われているポール・スミス展の話を友人とした後、彼からラインでセックスピストルズのライブで踊るヴィヴィアン・ウェストウッドの写真が送られてきた。ヴィヴィアン若けー。それも、かなりいっちゃってるかんじで踊ってるー。セックスピストルズかー。たぶん聞いたことあるんだけど、覚えてねー。パンクって言ったら、ブルーハーツでしょう。オッサンだね(笑い)。そこで、話は飛ぶが、欲しいなと思っていたSACAIの特集...

続きを読む

●「世界の刺繍」展、いきました

雑誌やらテレビやらの特集記事を見ていると、たぶん、最高(ナンバーワン)の服飾にはたどり着けないんだろうなと思う。サヴィルロウでスーツを仕立てたりするお金も、ナポリのアンナ・マトゥオッツォにシャツを作りに行く暇もない。だけど、オンリーワンの楽しみはきっとある。人の好みはそれぞれ違うさ。別に悲観する必要なんてない。というわけで、服飾の本質を味わいたいという思いから、今回も文化服装学院の文化学院服飾博物...

続きを読む

‘SAPEURS’サプール!

去年から‘SAPEURS’(サプール、ダニエーレ・タマーニ、清幻舎、2015)が話題だ。アフリカ・コンゴの首都プラザビル、バゴンゴ地区で、独特のファッションカルチャーを開花させた。彼らは、フランス統治下のハイファションをリスペクトし、月の収入以上のお金を費やす(長い間の貯蓄によるものらしい)。彼らは、結婚式や葬式、パーティなどに呼ばれ、お金を受け取ることもあるという。民俗学でいうところのハレの日に、芸能集団が...

続きを読む

プロフィール

もりおくしんのすけ

Author:もりおくしんのすけ
FC2ブログへようこそ!